投稿

平維盛-11【治承五年 二十三歳】墨俣川の戦い|玉葉・吉記(漫画)

イメージ
近江を制圧し、美濃に入った平家。その矢先、追討使を牽引してきた平知盛が病に倒れてしまう。 <『玉葉』『吉記』治承五年三月十五日条より>  ※漫画はえこぶんこが脚色しています。    ◆解説目次◆ ・登場人物 ・高倉上皇の崩御と惣官 ・清盛の他界 ・墨俣川の戦い 登場人物 平維盛 たいらのこれもり 平清盛の長男[重盛]の長男。 平重衡 たいらのしげひら 平清盛の五男。 高倉上皇の崩御と惣官 治承5年1月14日、 高倉上皇 が、六波羅池殿にて崩御しました。 (享年21歳) 1月19日、高倉上皇の生前の決定という名目で、 平宗盛 が、 五畿内および伊賀・伊勢・近江・丹波の九ヶ国の惣官 に就任しました。 惣官 (総官)とは、従来の知行国主の枠を越えて、兵士や兵糧米の徴収などを可能にする、広域の軍事指揮官を意味します。 これにより平家は、大規模な反乱にも対処できるような、九か国に合法的に指令を出せる地位を確立しました。 清盛の他界 治承5年2月、 源行家 の反乱軍が、尾張に進出したという情報がもたらされると、惣官・宗盛のもとで、追討の準備が進められました。 当初は、宗盛自らが追討使となって出陣する予定でしたが、 2月27日、清盛が突然の熱病に倒れたことで、宗盛の出陣は中止されます。 発熱からまもない閏2月4日に、清盛は他界してしまいます。(享年六十四) 以下は、有名な清盛の遺言です。 ■平家物語 「われいかにもなりなん後は、堂塔をもたて孝養をもすべからず。やがて打手をつかは し 、頼朝が首をはねて、わが墓のまへにかくべし。それぞ孝養にてあらんずる」 『平家物語』(覚一本)巻六 ■玉葉 「我子孫、一人生き残る者と雖も、骸を頼朝の前に曝す可し」 『玉葉』治承五年八月一日条 ■吾妻鏡 「子孫は偏に東国帰住の計を営むべし」 『吾妻鏡』治承五年閏二月四日条 若干表現は異なりますが、どれも、清盛が東国の状況を何より危惧していたことを伝えています。 一番有名なのは、『平家物語』の 「頼朝の首をはねて、自分の墓の前に供えよ」 というやつですが、『玉葉』では、もっと過激な表現になっています。 「我が子孫、最後の一人まで、骸を頼朝の前に曝せ」 というのは、一見『平家物語』

平維盛-10【治承四年 二十二歳】近江の戦い|玉葉(漫画)

イメージ
富士川の戦いの結果を受けて、更に加速する各地の蜂起。近江の防衛線は譲れない平家の、本気の戦いが始まる。 <『玉葉』治承四年十二月二日条より>  ※漫画はえこぶんこが脚色しています。    ◆解説目次◆ ・登場人物 ・福原からの還都 ・近江源氏・美濃源氏の挙兵 ・維盛の参戦 登場人物 平維盛 たいらのこれもり 平清盛の長男[重盛]の長男。 平資盛 たいらのすけもり 平清盛の長男[重盛]の次男。維盛の弟。 平知盛 たいらのとももり 平清盛の四男。 福原からの還都 治承4年12月、福原京から平安京への還都が行われました。 富士川の戦いで官軍が敗れたのを機に各地で蜂起が相次ぎ、平家内部でも宗盛や高倉上皇が還都を訴えた為、清盛もついに平安京に戻る決断をしました。 還都は内乱の平定に本腰を入れて取り組むための措置であり、ここから強硬的な反乱の鎮圧が開始されます。 12月10日には、公卿・受領・荘園領主に対しても兵士や兵糧米の進上を命じ、内乱鎮圧への協力を要請しました。 (『玉葉』『明月記』) そもそも福原遷都には、平安京に隣接する権門寺院と距離を取る目的もあったわけですが、今回平安京に戻ったことにより、むしろ清盛は反抗する寺院に対しても、一層の強硬姿勢で挑むことになります。 近江源氏・美濃源氏の挙兵 治承4年11月、 近江源氏 (山本義経・柏木義兼) が挙兵。 美濃源氏 がこれに協力し、 園城寺・延暦寺 大衆の一部も園城寺に立て籠るなど、近江での反乱が激化しました。 近江は、北陸の物資を都へ運ぶ為の生命線ともいえる場所であり、朝廷側は、近江の支配はなんとしても死守しなければなりませんでした。 12月2日、近江平定のため、大規模な追討使が派遣されます。 ●『玉葉』(九条兼実の日記) によると、近江道からは 平知盛 、伊賀道からは 平資盛 、伊勢道からは伊勢守 藤原清綱 、を向かわせ、三方向から近江を攻めるという万全の戦略で進軍しました。 ●『明月記』(藤原定家の日記) にも、近江攻めの追討使についての記載があり、 平知盛 ・ 平通盛 ・ 平忠度 ・ 平資盛 ・ 平清経 等の名前が見えます。 (治承4年12月2日条) ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 前回の富士川の戦いと大きく異なるのは、 平知盛 の参戦です。 これは、 平家の主力が投入されている ことを意味して

平維盛-9【治承四年 二十二歳】富士川の戦い -後編|山槐記・玉葉・吉記(漫画)

イメージ
強敵を前に内部から瓦解する追討使。維盛の決断は… <『玉葉』治承4年11月5日条・『山槐記』治承4年11月6日条・『吉記』治承4年11月2日条より>  ※漫画はえこぶんこが脚色しています。    ◆解説目次◆ ・登場人物 ・開戦派だった維盛 ・清盛の怒り ・…で、水鳥は飛んだの? 登場人物 平維盛 たいらのこれもり 平清盛の長男[重盛]の長男。 藤原忠清(伊藤忠清) ふじわらのただきよ(いとうただきよ) 小松家家人。維盛の乳母夫(めのとふ)。 開戦派だった維盛 早速ですが、『玉葉』治承4年11月5日条を見てみましょう。 「 於維盛者、敢無可引退之心云々、而忠清立次第之理、再三教訓、士卒之輩、多以同之、仍不能黙止」 (維盛は敢えて撤退するつもりはなかったが、忠清が再三説得し、周りもそれに同意したので、撤退を受け入れざるを得なかった) 『玉葉』治承4年11月5日条 『玉葉』によれば維盛は、ギリギリまで、あくまでも戦うつもりだったらしい。 意外じゃないですか? 勝算がない戦いに挑むことが正解だとは思いませんが、 (なので、個人的には忠清に同意しますが) ただ、あまりにも「水鳥にビビッて逃げた弱腰」のイメージが定着しているので、これはもっと知られててもいんじゃないかと思う。 維盛は弱腰じゃないぜ! 清盛の怒り とはいえ、敗けは敗け。 総責任者の維盛が責めを免れることはできません。 富士川から逃げ帰った維盛に対し、清盛がブチ切れて罵倒するのは有名な場面です。 (ほんとに、維盛ってこんなのばっかりが有名で気の毒です) では、再び『玉葉』より、清盛の怒りの言葉をどうぞ。 「 承追討使之日、奉命於君了、縦雖曝骸於敵軍、豈為恥哉、未聞承追討使之勇士、徒赴帰路事、若入京洛、誰人可合眼哉、不覚之恥貶家、尾籠之名留世、早自路 可暗 趾、更不可入京云々 」 (追討使を承った日に、命はすでに天皇に奉っている。敵軍の前に骸をさらそうとも、どうして恥となるだろうか。追討使の勇士が徒に帰路に赴いたことなどいまだ聞いたことがない。京に入っても誰も目を合わせまい。不覚の恥は家を貶め、尾籠の名が世に留まるだろう。帰ってくるな、京に入るな!) 『玉葉』治承4年11月5日条 うーん、ものすごくお怒りです。 いやでも、待って。 維盛は実より名を取ろうとしたよ

平維盛-8【治承四年 二十二歳】富士川の戦い -中編|山槐記・玉葉・吉記(漫画)

イメージ
治承四年十月、駿河国に着いた維盛たちの追討使。そこで待ち受けていた現実は… <『玉葉』治承4年11月5日条・『山槐記』治承4年11月6日条・『吉記』治承4年11月2日条より>  ※漫画はえこぶんこが脚色しています。    ◆解説目次◆ ・登場人物 ・鉢田の戦い ・追討使と駆武者 ・なぜ、維盛が大将軍だったのか 登場人物 平維盛 たいらのこれもり 平清盛の長男[重盛]の長男。 藤原忠清(伊藤忠清) ふじわらのただきよ(いとうただきよ) 小松家家人。維盛の乳母夫(めのとふ)。 鉢田の戦い 「富士川の戦い」 というと、治承寿永の内乱における最初の平家v.s.源氏の全面衝突であり、維盛v.s.頼朝の戦いというイメージがありがちです。 けれども、実際の富士川の戦いは、少し事情が違ったようです。 富士川の戦いの前哨戦とも言えるのが、 駿河目代・ 橘遠茂 と 甲斐源氏( 武田信義 ) が戦った 「鉢田の戦い」 です。 駿河国は 平宗盛 の知行地であり、目代・橘遠茂は駿河国の武士団を統率していました。 維盛たちの追討使が駿河に着く直前に、橘遠茂は二千騎を率いて甲斐に進軍。 10月14日、武田信義らの甲斐源氏と戦いました。 以仁王の乱の時もそうであったように、 維盛率いる正式な追討使が到着する前に、家人の軍が勝利への道筋をつけておく… そういう算段もあったようです。 ところが、橘遠茂は大敗。これは追討使にとって大きな誤算となりました。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ また、東国には、石橋山で頼朝を破った相模の 大庭景親 、伊豆の 伊東祐親 らの勢力がまだ健在でした。 彼らは維盛たちの追討使に合流しようと進軍を試みましたが、駿河国東部は既に源氏によって抑えられていたため合流するすべがなく、大庭景親は退散し、伊東祐親も生け捕られてしまいます。 アテにしていた東国の平家方の勢力が壊滅してしまったことで、結局、維盛たちの追討使は、単独で戦いに挑まなければならなくなったのです。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ なお、この時、維盛たちが対峙していたのは、甲斐源氏の武田信義です。『吾妻鏡』『平家物語』では、頼朝と連携しているように描かれる甲斐源氏ですが、厳密には、それぞれは独立した勢力で、頼朝はこの成り行きを見守っていたにすぎないと考えられ