投稿

平維盛-8【治承四年 二十二歳】富士川の戦い(中編)|山槐記・玉葉・吉記

イメージ
治承四年十月、駿河国に着いた維盛たちの追討使。そこで待ち受けていた現実は… <『玉葉』治承4年11月5日条・『山槐記』治承4年11月6日条・『吉記』治承4年11月2日条より>  ※漫画はえこぶんこが脚色しています。    ◆解説目次◆ ・登場人物 ・鉢田の戦い ・追討使と駆武者 ・なぜ、維盛が大将軍だったのか 登場人物 平維盛 たいらのこれもり 平清盛の長男[重盛]の長男。 藤原忠清(伊藤忠清) ふじわらのただきよ(いとうただきよ) 小松家家人。維盛の乳母夫(めのとふ)。 鉢田の戦い 「富士川の戦い」 というと、治承寿永の内乱における最初の平家v.s.源氏の全面衝突であり、維盛v.s.頼朝の戦いというイメージがありがちです。 けれども、実際の富士川の戦いは、少し事情が違ったようです。 富士川の戦いの前哨戦とも言えるのが、 駿河目代・ 橘遠茂 と 甲斐源氏( 武田信義 ) が戦った 「鉢田の戦い」 です。 駿河国は 平宗盛 の知行地であり、目代・橘遠茂は駿河国の武士団を統率していました。 維盛たちの追討使が駿河に着く直前に、橘遠茂は二千騎を率いて甲斐に進軍。 10月14日、武田信義らの甲斐源氏と戦いました。 以仁王の乱の時もそうであったように、 維盛率いる正式な追討使が到着する前に、家人の軍が勝利への道筋をつけておく… そういう算段もあったようです。 ところが、橘遠茂は大敗。これは追討使にとって大きな誤算となりました。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ また、東国には、石橋山で頼朝を破った相模の 大庭景親 、伊豆の 伊東祐親 らの勢力がまだ健在でした。 彼らは維盛たちの追討使に合流しようと進軍を試みましたが、駿河国東部は既に源氏によって抑えられていたため合流するすべがなく、大庭景親は退散し、伊東祐親も生け捕られてしまいます。 アテにしていた東国の平家方の勢力が壊滅してしまったことで、結局、維盛たちの追討使は、単独で戦いに挑まなければならなくなったのです。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ なお、この時、維盛たちが対峙していたのは、甲斐源氏の武田信義です。『吾妻鏡』『平家物語』では、頼朝と連携しているように描かれる甲斐源氏ですが、厳密には、それぞれは独立した勢力で、頼朝はこの成り行きを見守っていたにすぎないと考えられ

平維盛-7【治承四年 二十二歳】富士川の戦い(前編)|山槐記・玉葉

イメージ
治承四年八月、ついに源頼朝が挙兵。追討使の大将軍に任命された維盛は、福原を出立するが… <『山槐記』『玉葉』治承四年九月二十九日条より>  ※漫画はえこぶんこが脚色しています。    ◆解説目次◆ ・登場人物 ・福原遷都 ・源氏の挙兵 ・追討使出陣 ・維盛と忠清   登場人物 平維盛 たいらのこれもり 平清盛の長男[重盛]の長男。 藤原忠清(伊藤忠清) ふじわらのただきよ(いとうただきよ) 小松家家人。維盛の乳母夫(めのとふ)。 福原遷都 治承4年(1180)6月2日、 安徳天皇 が福原へ行幸。 高倉上皇 、 後白河法皇 、 摂政 藤原基通 をはじめ、一部の公卿も福原へ入りました。 「福原遷都」 と呼ばれる行幸ですが、当初、新都が構想された場所は福原の南に隣接する 和田 でした。けれども、土地が足りない等の理由から実現せず、 昆陽野(小屋野) 、 印南野 なども候補に挙がったものの、結局は、 福原 の地を暫時の皇居として整備していくことになりました。 和田(輪田)には日宋貿易の港として清盛が修築していた大輪田泊があり、清盛はこの地に、海に面した新しい国際貿易都市を構想していたと考えられています。 けれども今回は、平安京に近い権門寺院が以仁王の乱に加担したことを受けての急な行幸でもあったことから、準備不足は否めず、遷都計画は迷走します。 源氏の挙兵 ■源頼朝の挙兵 治承4年8月17日、 源頼朝 が挙兵。伊豆の目代・ 平兼隆(山木兼隆) を襲撃し討ち取りました。 頼朝は三浦一族と合流するため 北条時政 ・ 土肥実平 らを率いて伊豆を出ましたが、 23日、石橋山で 大庭景親 ・ 伊東祐親 の軍に挟まれ、大敗。 (石橋山の合戦) 窮地を脱した頼朝は、安房に渡り再挙を図ります。 9月、 千葉常胤 や 上総広常 などの大武士団が次々と頼朝の基に集結。 その状況は 「軍勢は数万に及び、関東の七、八カ国を掠領した」 (『玉葉』) として都に伝えられました。 ■甲斐源氏の挙兵、 木曽義仲の挙兵 時を同じくして、甲斐では 武田信義 、信濃では 木曽義仲 が挙兵します。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 『平家物語』等では「以仁王の令旨」に呼応した為と描かれる源氏の挙兵ですが、 各地で同時多発的に蜂起が起こった背景には、 治承三年

平維盛-6【治承四年 二十二歳】以仁王の挙兵|玉葉

イメージ
重盛の没後、ついに後白河院と清盛は決裂、治承三年のクーデターへと発展。安徳天皇が即位し高倉院政がスタートする一方、それを是としない以仁王が挙兵。維盛は追討の大将軍として宇治に向かう… <『玉葉』治承四年五月二十六日条より>  ※漫画はえこぶんこが脚色しています。    ◆解説目次◆ ・登場人物 ・後白河院の挑発 ・治承三年のクーデター ・厳島御幸 ・以仁王の挙兵   登場人物 平維盛 たいらのこれもり 平清盛の長男[重盛]の長男。 平重衡 たいらのしげひら 平清盛の五男。 後白河院の挑発 以仁王の挙兵の前年、治承三年の動向を見ていきましょう。 重盛の没後、後白河院の平家に対する巻き返しが始まりました。 ■摂関家領問題 治承三年6月、清盛の娘・ 盛子 が24歳の若さで他界します。 盛子は亡夫・ 藤原基実 が遺した膨大な摂関家領を伝領していましたが、盛子の没後、後白河院は院の近習である 藤原兼盛 を倉預として、これらの所領を管理させました。 こうして盛子の遺領は、実質、後白河院の管理下におかれることになりました。 ■摂関家人事への介入 盛子の養子であり、清盛の娘婿である 藤原基通 を飛び越えて、藤原基房の子・ 師家 を権中納言にするという人事が行われました。これは、摂関家の嫡流を 師家 とするという後白河院の意図であり、上記の所領もやがて師家のものになることも意味しています。 ■越前国没収 重盛 の知行国である 越前国 は、重盛の没後 維盛 に相続されましたが、後白河院はそれを召し上げ、院近臣である藤原季能を越前守に任命しました。 治承三年のクーデター 後白河院による平家への挑発とも言えるこの事態を受けて、福原にいた 清盛 は11月14日、武士数千騎を率いて上洛。 軍事力を背景に、これらを覆す人事を強行します。( 治承三年のクーデター ) ● 関白・ 藤原基房 、権中納言・ 師家 を解官させ、娘婿である 基通 を内大臣、関白に。 ● 太政大臣藤原師長以下、反対派の廷臣、院近習ら39名を解官。 ● 藤原基房を大宰権帥に左遷する形をとって配流に。 (※実際には基房が出家したため、備前にとどまりました) ● 後白河院 を鳥羽殿に幽閉 。 治承四年(1180)2月21日、高倉天皇から、 言仁親王(安徳天皇) への譲位が

平維盛-5【治承三年 二十一歳】熊野詣と重盛の他界|平家物語

イメージ
自身の運命を悟った重盛は熊野参詣を思い立つ。重盛の願いとは… <『平家物語』巻三より>  ※漫画はえこぶんこが脚色しています。    ◆解説目次◆ ・登場人物 ・重盛の熊野参詣 ・予知能力?! 重盛と知盛の役割 ・熊野信仰と補陀落信仰   登場人物 平維盛 たいらのこれもり 平清盛の長男[重盛]の長男。 平重盛 たいらのしげもり 平清盛の長男。維盛の父。 重盛の熊野参詣 水も滴る小松家兄弟‼ (語弊) 維盛たちが本当に水遊びしたのかどうかは分かりませんが、治承三年の重盛の熊野参詣は史実です。( 『山槐記』『百錬抄』『建礼門院右京大夫集』 ) 『山槐記』 (中山忠親の日記) には、 「三月被参熊野 申後世事云々」 とあります。 (治承3年5月25日条) んん… 『山槐記』の記述が正しいならば、水遊びは…してないでしょうね。 三月ですからね。 旧暦の三月は今の四月くらいですけど、水遊びにはちょっとまだ早いかも…。 やっててほしいですけどね、仲良く水遊び。 (水遊びの話をひっぱるな )^^; 『平家物語』では 「夏の事なれば、なにとなう河の水に戯れ給ふ程に」 と、熊野詣の時期を夏のこととしています。 『平家物語』が時期を誤ったのではなく、これは作者の意図です。 実は冒頭の「辻風」の話も、史実では治承4年4月29日の話。 (『玉葉』『明月記』『山槐記』) それをあえて一年前倒しににして、熊野詣の契機として描いています。 ここの脚本、結構すごいんですよ。 神祇官と陰陽寮の占いでは 「百日以内に、大臣の身に何かが起こる」 っていっているんですが、この日(平家物語では5月12日)から重盛が他界するまで、約八十日なんです。 「辻風」「重盛の熊野詣」 という史実を取り上げながら、時系列を少し入れ替えて、因果を孕んだストーリーに仕上げている のですね。 この箇所以外でも、『平家物語』(特に語り本)は、因果を持たせたり伏線を張ったりするために、出来事の時系列を史実から変更するということを時々しれっとやってのけます。 これを史実の改竄というかは別として、作者は 脚本家としての才能がめちゃくちゃありますよね。 だから『平家物語』は、現代人が読んでも面白いんでしょうね。 (便宜上”作者”と言っていますが、『平家物語』の作者とは、特